東海大学医学部消化器外科 診療・研究班

東海大学 >> 医学部 >> 消化器外科 >> 診療・研究班

診療・研究班診療・研究班

食道班 小澤壯治教授

食道班のホームページ

食道がんの治療では日本で有数の実績があります。最近では内視鏡手術による低侵襲治療を中心に、 病院の各部署のスタッフと力を合わせ、全力で食道疾患の治療に当たっております。 また本学の理念である「良医の育成」の一環として、高度の医療技術を身につけた外科医の育成にも力を注いでいます。 (詳しくはホームページをご覧下さい)

胃班

胃癌、胃粘膜下腫瘍を主な対象疾患とし、手術、内視鏡下治療、抗癌剤治療を行っております。 当科の手術は標準的なリンパ節郭清を行いながら胃をできるだけ温存をすること、空腸嚢を作成することを特徴としております。 これにより患者さんのQOLは大幅に改善されております。

大腸班 貞廣莊太郎教授

大腸班のホームページ

大腸および肛門疾患の治療を担当しています。 特に進行した大腸癌に対する専門的な治療を特徴としています。 癌治療の目的は癌を治すことであり、個々の患者さんの進行程度に応じて、 手術治療に加え抗癌剤および放射線治療を併用した総合的および専門的な治療(集学的治療)を行っています。

肝胆膵班 中郡聡夫教授

肝胆膵班のホームページ

肝臓・胆道・膵臓の外科治療では全国的にみても多数の手術実績があります。 消化器内科医、画像診断医、病理診断医、看護師、薬剤師などがチームとして連携し治療に当たっています。 外来受診の当日から必要な検査の説明を詳しく行い、そしてすみやかに検査・治療が進むようにしております。 (詳しくはホームページをご覧下さい)

一般・消化器外科医師一覧はこちら